原状回復費用には、「ルームクリーニング」「畳の表替え」「襖の張替え」「クロスの貼替え」「フローリングの補修」といったような色々な項目があり、どれが貸主負担なのか借主負担なのか迷ってしまいますよね。

そこで、本記事では、色々な原状回復費用の項目の中から「畳の表替え」に項目をしぼって、『畳の表替えは借主負担?敷金を返還させる大事なポイントとは』についてご紹介します。

畳の表替えは貸主負担が原則

畳の表替えは貸主負担が原則です。なぜなら、畳の表替えというのは、次の入居者を確保するために貸主が行うものだからです。

貸主が行うものである以上、貸主が金額を負担するのは当然です。

国土交通省「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」でも、次の入居者を確保する目的で行う修繕は貸主負担が原則であるとしています。

次の入居者を確保する目的で行う設備の交換、化粧直しなどのリフォームについては、経年変化及び通常損耗による損耗等の修繕であり、賃貸人が負担すべきと考えた。

国土交通省「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」より引用

知っておきたい基礎知識

故意・過失、善管注意義務違反等がある場合は注意が必要

上記のとおり、畳の表替えは貸主負担が原則です。ただし、借主に故意・過失、善管注意義務違反等がある場合は注意が必要です。

故意・過失、善管注意義務違反とは、経年劣化・通常損耗以上のレベルを超えてしまったキズや汚れのことをいいます。

たとえば、以下のような場合は、借主に故意・過失、善管注意義務違反等に該当する可能性が高いため、借主に原状回復義務が発生すると考えられます。

  • タバコを落として畳が焦げてしまった
  • 重い家具を置いて、畳がへこんでしまった
  • 飲み物をこぼしたのを放置してカビが生えてしまった

借主の負担範囲に注意

上記のとおり、借主に故意・過失、善管注意義務違反等がある場合は、畳の表替え費用が借主負担となる可能性が高くなります。

しかし、畳の表替え費用が借主負担であったとしても、「どこまでが借主の負担範囲になるのか」ということは注意が必要です。

“どこまでが借主の負担範囲になるのか”とは、たとえば、「6畳の部屋でタバコを吸っている借主が、タバコを落として“1畳”を焦がしてしまった」場合に、借主負担は「1畳」なのか「6畳」になるのかということです。

この借主の負担範囲について、国土交通省のガイドラインでは下記のように判断しています。

畳:原則1枚単位。毀損等が複数枚にわたる場合は、その枚数(裏返しか表替えかは毀損の程度による)

国土交通省「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」別表2より引用

つまり、上記例では借主の負担範囲は「1畳のみ」ということになります。

特約にも注意が必要

ここまで、畳の表替えは貸主負担が原則、故意・過失、善管注意義務違反等に注意、借主の負担範囲、といった原状回復の原則についてご紹介しました。

しかし、最後に「特約」についてご紹介が必要です。

特約が記載されていることによって、上記原状回復の原則とは異なった契約内容になるからです。

特約とは、原状回復の原則と異なった契約内容のことです。たとえば、「畳の表替え費用は借主負担とする」というような契約内容をいいます。

この特約は「有効になる場合」と「無効(最初から契約書に記載が無かったということです)になる場合」に分かれます。

詳しくは、弊所記事「知っていると敷金返還に有利!!特約(原状回復・クリーニング特約)について!!」で詳しくご紹介していますので、参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「畳の表替えは借主負担?敷金を返還させる大事なポイントとは」についてご紹介しました。これで、どんな時に畳の表替えが「貸主負担」なのか「借主負担」なのかを判断することができます。

畳の多い賃貸物件にお住まいの方は、ぜひ参考にしてみてください。

敷金返還・原状回復費用減額のご相談は、NEXT行政書士事務所まで

年間1,000件以上の相談実績のある弊所が、お客様の悩みを詳しくお伺いさせていただきます。

敷金返還・原状回復費用減額に関する小さな悩みから大きな悩みまで、まずはお気軽にお問合せください。

敷金返還・原状回復費用減額に関するご相談は、無料で対応させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA