善管注意義務』とは、借主が民法400条を根拠として負っている義務のことです。

民法400条では「債権の目的が特定物の引渡しであるときは、債務者はその引渡しをするまで、善良な管理者の注意をもって、その物を保存しなければならない」と規定しています。

上記規定は建物の賃貸借にも適用されます。したがって、借主は「社会通念上要求される程度の注意を払って賃借物を使用する義務=善管注意義務」を課されていることになります。

“社会通念上要求される程度の注意を払う”とは、「自分が所有しているものを使用するときと同等に、賃借物を大切に使用する」ということです。

善管注意義務を守らない場合(善管注意義務違反)は、借主に原状回復義務が生じることになるので注意が必要です。

敷金返還・原状回復費用減額のご相談は、NEXT行政書士事務所まで

年間1,000件以上の相談実績のある弊所が、お客様の悩みを詳しくお伺いさせていただきます。

敷金返還・原状回復費用減額に関する小さな悩みから大きな悩みまで、まずはお気軽にお問合せください。

敷金返還・原状回復費用減額に関するご相談は、無料で対応させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA