『敷金(保証金)』とは、”貸主に対する損害”を補償する目的で賃貸物件契約締結時に預け入れる金銭になります。

貸主に対する損害とは、下記のようなケースです。

  • 家賃を滞納してしまった場合
  • 借主の故意・過失、善管注意義務違反、通常使用の範囲を超えて破損・汚損させた場合

敷金(保証金)は預け入れるための金銭です。つまり、言い換えれば「担保」としての金銭ともいえます。

担保である以上、「家賃の滞納が無い」もしくは「故意・過失・善管注意義務違反、通常使用の範囲を超えて破損、汚損させた箇所が無い」場合は、敷金(保証金)は全額返還が原則です。

敷金返還・原状回復費用減額のご相談は、NEXT行政書士事務所まで

年間1,000件以上の相談実績のある弊所が、お客様の悩みを詳しくお伺いさせていただきます。

敷金返還・原状回復費用減額に関する小さな悩みから大きな悩みまで、まずはお気軽にお問合せください。

敷金返還・原状回復費用減額に関するご相談は、無料で対応させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA