皆さんは賃貸借契約を結ぶ際にかかる費用として何を思い浮かべますか?

皆さんが思い浮かべた費用として、『礼金』が思い浮かんだ方も多いのではないでしょうか。日本で不動産を借りる場合、礼金は一般的なものとして社会に浸透しています。

しかし、礼金は何を根拠に貸主に支払われるのかをご存じの方は、意外と少ないのではないでしょうか?

礼金の意味とは?

そもそも礼金とは、戦後の住宅不足のなかで借主が不動産を借りる際に「部屋を貸してくれてありがとうございます」という意味をこめて、貸主にお礼として払ったお金が次第に礼金という慣習として残っているといわれています。

また、この礼金は全国一律で契約の条件という訳ではありません。

たとえば、北海道のように礼金が必要な物件がほとんどないような地域もあれば、関東や近畿のように礼金が契約の条件となっている物件が多い地域もあり、地域によって違いがあるのも特徴です。

敷金返還・原状回復費用減額のご相談は、NEXT行政書士事務所まで

年間1,000件以上の相談実績のある弊所が、お客様の悩みを詳しくお伺いさせていただきます。

敷金返還・原状回復費用減額に関する小さな悩みから大きな悩みまで、まずはお気軽にお問合せください。

敷金返還・原状回復費用減額に関するご相談は、無料で対応させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA