内容証明郵便は普通の手紙と違い、作成・送付するのに一定のルールがあります。

  1. 横 20字・縦 26行(横 26字・縦 20行でも可)
  2. 同文のものを 3通作成する
  3. 使用できる文字、数字、記号が決まっている
  4. 枚数が 2枚以上になった場合に、契印、割印が必要
  5. 書き間違えたときの訂正方法が決まっている
  6. 手紙の冒頭か、末尾に差出人、受取人の住所氏名を必ず書く
  7. 封筒の表に受取人の住所氏名、裏に差出人の住所氏名を書く
  8. 資料や写真は同封できない
  9. どこの郵便局で出せる訳ではなく、内容証明取扱店に限られる

敷金返還・原状回復費用減額のご相談は、NEXT行政書士事務所まで

年間1,000件以上の相談実績のある弊所が、お客様の悩みを詳しくお伺いさせていただきます。

敷金返還・原状回復費用減額に関する小さな悩みから大きな悩みまで、まずはお気軽にお問合せください。

敷金返還・原状回復費用減額に関するご相談は、無料で対応させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA