『国土交通省ガイドライン:別表1』とは、損耗・毀損の事例区分(部位別)の一覧表のことです。

この一覧表には、

  • A(+G):次の入居者を確保するための化粧直し、グレードアップの要素があるもの
  • A:賃借人が通常の住み方、使い方をしても発生すると考えられるもの
  • A(+B):賃借人のその後の手入れ等管理が悪く発生、拡大したもの考えられるもの
  • B:賃借人の使い方次第で発生したりしなかったりするもの

上記 4種類の分類を、損耗・毀損の事例を分け一覧表にしてあり、基本的に『A(+G)』『A』は賃貸人負担。『A(+B)』『B』は賃借人負担。という例示が示されています。

敷金返還・原状回復費用減額のご相談は、NEXT行政書士事務所まで

年間1,000件以上の相談実績のある弊所が、お客様の悩みを詳しくお伺いさせていただきます。

敷金返還・原状回復費用減額に関する小さな悩みから大きな悩みまで、まずはお気軽にお問合せください。

敷金返還・原状回復費用減額に関するご相談は、無料で対応させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA