店舗・事務所の敷金返還を実現させる3つのポイントとは

退去時には、預けている敷金を出来るだけ多く返してもらいたいですよね。しかし、一般のマンションやアパートを借りている方に対して、店舗・事務所の敷金返還は難易度が高いことをご存じですか?

そんな、店舗・事務所の敷金返還を実現させるためには、覚えておくべき必要なポイントがあります。

本記事は、『店舗・事務所の敷金返還を実現させる3つポイントとは』についてご紹介します。

店舗・事務所の契約で敷金が返還されるかは”契約内容”が一番重要

店舗・事務所の契約で敷金が返還されるかは”契約内容”が一番重要です。店舗・事務所の契約の場合、借主は契約書に記載されている内容を、基本的にすべて守るべき必要があるからです。

たとえば、「退去時に借主は店舗をすべて原状に復して返還しなければならない」という内容が契約書に記載している場合、借主はクロスやフローリングを入居時の状態に原状回復しなければならないということです。

一般のマンション・アパートの場合は例外がある

もちろん、一般のマンション・アパートの賃貸の場合であっても契約は重要です。しかし、一般のマンション・アパートを契約する場合において、借主は、借主に一方的に不利な契約である内容を消費者契約法※によって無効(最初から契約書に記載されていない)とされる余地があります。

※関連記事消費者契約法とは?

たとえば、「退去時に借主は居室をすべて原状に復して返還しなければならない」という内容が契約書に記載している場合であっても、消費者契約法によって無効となる可能性があるということです。

契約内容を自分で判断しない

上記のとおり、店舗・事務所の賃貸借契約で敷金が返還されるかは契約内容が重要です。しかし、自分だけで契約内容を判断するのはおススメできません。

契約内容をどういった判断で解釈するかは、一般の方には難しいことだからです。

たとえば、「退去時に借主は店舗をすべて原状に復して返還しなければならない」という規定だけをみても、「経過年数※は考慮されるのか」「入居時の現状はどう判断するのか」といった内容を検討する必要があります。

※関連記事経過年数とは?

専門家に契約内容を確認してもらう

契約内容をどういった判断で解釈するかは、一般の方には難しいことです。また、一から原状回復のことを専門家レベルまで勉強することは、正直”時間の無駄”といわざるを得ません。

そこで、専門家に契約内容を確認してもらうことをおススメします。

専門家に相談する“というと「お金が掛かってしまう」イメージを持っている方も多いかもしれませんが、「無料で相談できる専門家」や「無料で相談できる国の機関」等もたくさん存在します。

どこに相談すべきか」「メリット・デメリット」については、弊所記事「敷金返還・原状回復トラブルはどこに相談?【メリット・デメリットまとめ】」でまとめているので、確認してみてください。

まとめ

いかがでしたか? 

今回は、「店舗・事務所の敷金返還を実現させるための覚えておくべき必要なポイント」についてご紹介しました。これで、店舗・事務所の敷金返還に関する悩みも解決することができます。

店舗・事務所の敷金返還で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

敷金返還・原状回復費用減額のご相談は、NEXT行政書士事務所まで

年間1,000件以上の相談実績のある弊所が、お客様の悩みを詳しくお伺いさせていただきます。

敷金返還・原状回復費用減額に関する小さな悩みから大きな悩みまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

敷金返還・原状回復費用減額に関するご相談は、無料で対応させていただきます、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA