敷金の返還はいつ?「時期・期間」について詳しく解説

賃貸物件を退去して一番気になるのは「敷金がいくら返ってくるのか」や「敷金はいつ返ってくるのか」ではないでしょうか?

本記事では、『敷金の返還はいつ?「時期・期間」』を中心に詳しく解説致します。「敷金の返還はいつされるのか」気になっている方は、ぜひ本記事の内容を参考にしていただければと思います。

敷金の返還時期や期限は“契約書の内容次第”

結論から申し上げると、敷金の返還時期や期限は“契約書の内容次第”です。

これは、法律で「敷金は退去後何日以内に返還しなければならない」という規定がないからです。法律に規定が無い以上、敷金の返還時期や期限については、契約書の内容に従うのが基本になります。

例えば、以下のような記載が一般的です。

  • 退去後1ヶ月以内に返還する
  • 退去後1ヶ月以内に敷金精算金を通知の上、2ヶ月以内に返還する

契約書に敷金返還の時期や期限の記載が無い場合

契約書に敷金の返還時期や期限の記載が無い場合は、「貸主のタイミングでしか返還されないのではないか」と心配される方もいるかもしれませんが、それは違います。

敷金の性質が“預り金”である以上、預かり金は退去後遅滞なく返還すべきものだからです。

「退去後遅滞なく返還」とは、退去から1~2ヶ月以内が適当だと考えられています。

よって、契約書に返還時期や期限の記載が無い場合であっても「退去から2ヶ月以内に返還されるのが適当」という一つの目安を覚えておきましょう。

期限を過ぎても返還されない場合

期限を過ぎても敷金が返還されない場合、「内容証明郵便による返還請求」や場合によっては「訴訟(少額訴訟)による返還請求」を検討することが必要になってきます。

期限内に返還してこない貸主や不動産会社は、悪質である可能性が高いからです。

どちらにしても、借主から何かアクションを起こすことが必要になる可能性が高いので、何もしないで過ごしてしまうことだけはやめましょう。

まとめ

契約書の内容にもよりますが、敷金は退去からそれほど時間を経ずに返還されるのが原則です

。 しかし、弊所にいただくご相談の中でも「退去から6ヶ月経っても返還されない」や、悪質な場合だと「1年経っても返還されない」等のケースも見受けられます。

期限が過ぎたまま放置していて、結果「敷金が無事返還されました」という話は正直皆無に近いのが現状です。

期限が過ぎても返還されない場合は、出来るだけ早い時期に借り主から返還請求を起こすことを検討していきましょう。

敷金返還・原状回復費用減額のご相談は、NEXT行政書士事務所まで

年間1,000件以上の相談実績のある弊所が、お客様の悩みを詳しくお伺いさせていただきます。

敷金返還・原状回復費用減額に関する小さな悩みから大きな悩みまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

敷金返還・原状回復費用減額に関するご相談は、無料で対応させていただきます、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA