入居期間中、気を付けるべきことはある?イメージ

“原状回復”の話になると契約のことや退去時のことに注目しがちですが、もちろん入居中も気を付けたいポイントがあります。

契約や退去時は気を付けていたのに、入居中に気を付けるべきポイントを知らなかったばっかりに「余計な原状回復費用を請求された」となっては元も子もありません。

本記事では、「賃貸物件入居中に気を付けたいポイント!!」についてご紹介します。

小さな不具合でも貸主・管理会社に報告しよう

賃貸物件入居中に気をつけたいポイントは「小さな不具合でも貸主・管理会社に報告する」ということです。これは、借主は貸主にたいして“善管注意義務”を負っているからです。

善管注意義務とは

善管注意義務とは、借主が民法400条を根拠として負っている義務のことです。

民法400条では「債権の目的が特定物の引渡しであるときは、債務者はその引渡しをするまで、善良な管理者の注意をもって、その物を保存しなければならない」と規定されています。

この規定は、建物の賃貸借にも適用されるため、借主は社会通念上要求される程度の注意を払って賃借物を使用する義務=善管注意義務を課されていることになります。

「社会通念上要求される程度の注意を払う」とは「自分が所有しているものを使用するときと同等に、賃借物を大切に使用する」ということです。

不具合を報告しないとどうなるのか

どんなに小さな不具合でも放置せずに必ず報告するようにしましょう。多くの賃貸借契約書には「居室内の設備等に不具合が発生した場合、貸主、不動産会社に報告すべき義務」が記載されており、報告を怠ると“善管注意義務違反”を問われる可能性が出てきてしまうからです。

POINT

※善管注意義務違反ってなに?:詳しくはこちら👉故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損とは?

善管注意義務違反の具体例

借主は貸主にたいして善管注意義務を負っていますが、この義務に違反(善管注意義務違反)すると借主に原状回復義務が発生します。

善管注意義務違反は、下記ケースのような場合でも発生するので注意が必要です。

  • トイレの配管から少しだけ水漏れがしていたが、特に大した量ではないので放置して結果、退去するときに確認してみたら床が腐ってしまっていた
  • エアコンが動かなくなったが、報告しなかった
  • 給湯器が動かなくなったが、報告しなかった

まとめ

同じ賃貸物件への平均居住年数は、公益財団法人日本賃貸住宅管理協会さんの調査によると約4年だそうです。一昔前はもう少し長かったようで、昨今は平均居住年数は短くなってきているようですが、それでも4年間、日数にすると1400日強という長い日数を同じ居室に住むことになります。

これだけ長く住んでいれば居室に不具合が発生することも珍しいことではなく、むしろ何かしらの不具合が発生する可能性は高いといえるでしょう。

入居中の不具合は、「エアコンが効かなくなった!」「お湯が出なくなった!(給湯器の故障)」「天上から水が降ってきた!」等々色々ありますが、どんな不具合でも「報告する」ということを徹底しましょう。

報告を怠った結果、退去時に原状回復費用を取られることほど無駄なものはありません。「入居中の不具合は即報告」ぜひ覚えておいてください。