建物を契約する時、どんなことに気を付けたらよいの?イメージ

「契約書って、細かい文字やわかりにくい文章が多いので苦手だ」と思われる方も多いのではないでしょうか。確かに契約書は、細かい文字やわかりにくい文章が多いですよね。

しかし、敷金・原状回復トラブルが発生する一番の原因は「契約内容」から生じているといっても過言ではありません。苦手意識から契約内容をきちんと理解しないまま契約してしまうと、退去時に余計な敷金・原状回復トラブルにまき込まれてしまうかもしれません。

本記事は、『原状回復で困らないために!物件契約時にチェックすべきポイントとは!』についてご紹介します。

本記事を読んでいただければ、契約前にチェックすべきポイントが必ずわかるようになるはずです!!

契約時にチェックすべきポイントは、ずばり”特約の内容”

物件契約時にチェックすべきポイントは、特約(原状回復特約・ハウスクリーニング特約)の内容です。

なぜなら、特約(原状回復特約・ハウスクリーニング特約)は借主側に不利な契約だからです。

そもそも特約とは

特約(原状回復特約・ハウスクリーニング特約等)とは、原状回復の原則とは異なった契約内容によって退去時精算をおこなう契約内容のこといいます。

POINT

※特約(原状回復特約・ハウスクリーニング特約等)ってなに?:詳しくはこちら👉経年劣化・通常損耗とは?特約(原状回復特約・ハウスクリーニング特約等)とは?

原状回復の原則では、

  • 経年劣化・通常損耗=貸主負担
  • 借主の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損=借主負担

となりますが、特約では「経年劣化・通常損耗の補修費は借主負担」とする契約内容になります。

POINT

※経年劣化・通常損耗ってなに?:詳しくはこちら👉経年劣化・通常損耗とは?

※借主の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損ってなに?:詳しくはこちら👉故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損とは?

借主に過分な原状回復義務を課す“特約”に注意!!

弊所が借主の方からご相談をいただく際に賃貸借契約書を拝見させていただくのですが、特約として多いのは「クリーニング費用を借主負担とする」や「畳の表替えを借主負担とする」という内容になります。

この程度であれば、敷金返還・原状回復トラブルになることも少ないのですが、中には「居室のリフォーム費用はすべて借主が負担する」というような、とんでもない内容のものも見受けられます。

あまりに借主不利な内容であれば、“契約しない勇気も必要”

上記のような、とんでもない特約内容が記載してある場合は“契約をしない勇気も必要”です。このような契約内容では、退去時に敷金返還・原状回復トラブルが発生する可能性が非常に高いからです。

契約をするにしても、貸主・不動産会社に特約内容の変更ができないかを必ず確認するようにしましょう。

まとめ

賃貸借契約書は、貸主・不動産会社ごとに書式が違うため、すべて同じ個所とは言えませんが、特約内容は契約書の一番最後に記載してあります。まずは特約内容に「どんな内容」が記載してあるのかを正確に把握しましょう。

物件は気に入っているのに「契約しない」というのは悔しい選択ですし、引っ越しの準備をしてしまっている方にとっては、時間的に「契約しない」という選択がとりづらいかもしれません。

しかし「特約内容の変更ができないかの確認」は必ずおこないましょう。貸主・不動産会社にとっては”契約してなんぼ”なので、契約前であれば特約内容の変更に応じてもらえる可能性は高いからです。

物件契約時に”とんでもない特約内容”をみることがないのがベストですが、もしみつけてしまった場合は、本記事を思いだしていただき対応していきましょう。

●こちらの記事もおススメです知っていると敷金返還に有利!!特約(原状回復・クリーニング特約)について!!