原状回復として請求されたリフォーム費用に対しての敷金返還請求|S・M様イメージ

ご依頼いただく前の状況

今回ご依頼いただきました S・M様は神奈川県にお住いの女性(ご家族)の方でした。

賃貸条件として、

  • 賃料 68,000円
  • 敷金 204,000円
  • ペット相談可

に対して、不動産管理会社から

  • リフォーム代:214,041円

の請求を受けていらっしゃいました。

S・M様ご家族はペット(小型犬)を飼育していらっしゃって、所々ワンちゃんによる傷等はあるものの クロス等の経過年数が考慮されていない点や、故意・過失でない部分まで請求されている! とのことで、ご依頼をいただきました。

ご依頼いただいてからの経過

S・M様から契約書、重要事項説明書、室内の写真をメールに添付していただき送付いただきました。

写真を拝見すると、おっしゃっていたとおり、所々ワンちゃんによる傷等が見受けられました。

次に契約書、重要事項説明書を確認します。 まずクロスの傷等が問題となっているので、居住年数を確認し、5年間ご入居されていることを確認。

5年間ご入居されているということは、仮に S・M様がご入居した当時クロスが新品だったとしても価値は 20パーセント程度になっているはずです。

契約書内の特約事項に書かれていた内容

特約事項には、

第1条 次の各号については入居期間を問わず退出時に実施するものとし、その汚損、破損等が経年変化・自然損耗にあたる場合でも、乙が全額負担するものとします。

との記載がありましたが、特約事項が有効たる要件を満たしていないと判断し、消費者契約法による特約事項の無効、またクロス張り替え費用に関しての経過年数の考慮、借主の故意・過失がない部分の請求の破棄という内容の、内容証明郵便を不動産管理会社に送付しました。

結果

不動産管理会社から S・M様宛に内容証明郵便に対する返答書が送付されてきましたので、内容を確認させていただきました。

返答書の内容としては、経過年数は考慮するが、借主の故意・過失は請求するということで、当初請求金額 214,040円から 157,611円に減額という内容でした。 S・M様が最初に考えてらっしゃった妥協点に満たない点や、今回は預託済み敷金の額が高額だったこともあり、少額訴訟もおススメさせていただきましたが、手間暇を考えるとなかなかお時間が取れない等があり、この金額で妥協することになりました。

お客様の声

S・M様からいただいた、『お客様の声』をご紹介致します。

① 弊所のサービスは満足できましたか(下記からお選びください)
満足 満足 普通 少し不満 不満
② 上記ご質問で『とても満足』『満足』を選ばれた方のみ。どこに満足いただけましたか?
③ 上記ご質問で『少し不満』『不満』を選ばれた方のみ。どこが不満でしたか?
④ NEXT行政書士事務所に一言お願い致します
今回戻ってきた金額は当初考えていたより少なかったのですが、こちらに依頼して本当によかったと思っています。
何もわからず、オロオロしていた私に親身になってくださり、不安や心配事、わからないことにはどんなことでもわかりやすく丁寧に教えてくださいました。
わからないことがあるたびにご連絡してしまっていたのですが、面倒くさがらずに丁寧に教えてくださって、とても心強かったです。
知識も大事ですが、こういった人間味のある対応ができることは依頼する側にとって、とても大きいことだと感じました。
特に今回私の場合はこちらがかなり折れた形で終わったにも関わらず、嫌な気持ちがしないのは「永井さんに依頼したから」なんだと思います。
永井さんの意に反する行動をしてしまった点も多々あり、そしてこんな結果になってしまったことは、悔しいと同時に申し訳ない気持ちでいっばいですが、とにかくお願いしたのが永井さんでよかったと思っています。
お忙しい中色々良くしていただき、本当にありがとうございました。
また何か今後ありました時にはよろしくお願いします。(敷金でもめるのはもう勘弁ですがw)
本当に本当にありがとうございました!!