e7d30ec0097edf2c25aafe45577d0a08_s『特約が設定されていない』もしくは『特約が有効でない場合』原則クリーニング費用は貸主負担になります。

しかし、原則貸主負担だからといって掃除をしないで退去してしまうと、おもわぬ高額請求を受けてしまう可能性があります。まったく掃除をしないで退去してしまった場合、借主の故意・過失、善管注意義務違反等該当する可能性が高いからです。

本記事では『退去時に借主が清掃をすべきかどうか』について詳しく解説致します。

クリーニング費用は原則貸主負担だけど・・・例外あり

国土交通省『原状回復をめぐるトラブルとガイドライン』では、クリーニング費用は貸主負担と定められています。これは、『クリーニング費用は次の入居者確保のためのものである』と考えられているからです。

※国土交通省『原状回復をめぐるトラブルとガイドライン』ってなに?:詳しくはこちら👉国土交通省のガイドラインとは?

しかし、この貸主負担という原則には例外が2つあります。

  • 特約が有効に設定されている場合
  • 退去時に通常の清掃がされていない場合

上記どちらかに当てはまる場合、クリーニング費用は借主の負担となることになります。

本記事では退去時に通常の清掃がされていない場合を中心に解説するものとし『特約が有効に設定されている場合』については弊所別記事『知っていると敷金返還に有利!!特約(原状回復・クリーニング特約)について!!』をご参考になさってください。

引越時に行うべき掃除の目安とは

”退去時に通常の清掃がされていない場合、クリーニング費用は借主負担となる可能性がある”とご説明しました、『退去時に通常の清掃がされていない場合』とはどの程度の状態をいうのでしょうか。

国土交通省のガイドラインでは、一定の目安を示しています。

賃借人が通常の清掃(具体的には、ゴミの撤去、掃き掃除、拭き掃除、水回り、換気扇、レンジ周りの油汚れの除去等)を実施している場合~

では上記内容をふまえてどの程度清掃したらよいのかを具体的にみていきましょう。

ゴミの撤去

当たり前ですが、退去するからといって部屋の中にゴミを放置してはいけません。『そんなことするわけない』と思われるかもしれませんが、退去立会い時にゴミが残っている方は意外と多くいます。

引越時はなにかとバタバタして、指定のゴミ出し日に捨てれないなんてことが大きな原因でしょう。引越の際は時間に余裕をもって準備することをおススメします。

掃き掃除・拭き掃除

これは読んで字のごとくですが、時間がない場合は最低でも掃除機をかける程度はやっておくのがおススメです。

水回り

主婦の方はご存知のとおり、水回りは汚れがたまりやすい場所です。水垢はもちろん黒カビが発生している場合は専用の洗剤で落とすようにしましょう。

換気扇、レンジ回りの油汚れの除去

単身の方で料理をあまりしない方はそこまで気にしなくてもよいとは思いますが、料理をする方もしくはファミリー世帯の方は油汚れも除去しましょう。

といっても、退去時にいきなり油汚れを落とすのはなかなか大変なものです。日ごろから油汚れがつかないような工夫をしておくのがおススメです。

ちなみに我が家では、こんな商品あんな商品を使って油汚れを防いでるので参考になさってください。

まとめ

敷金は原則返還されるものですが、引越時の清掃をおこなっていなかったばっかりにクリーニング費用を請求されるというケースは多くあります。貸主の立場からしても、掃除をまったくやっていない状況はあまり気分がよいものではありません。

本記事でご紹介した清掃程度は引越時に必ずやっておきましょう。きっと敷金返還にプラスになるはずです!!