ab4d85c7adc69bc96c439b2d0e3372c4_s経過年数とは、「物の価値は年数の経過によって減少していく」という考え方のことです。

経過年数の具体的な考え方

経過年数の考え方が分かりやすいように、車を購入した例でご説明します。

Aさんが新車を200万円で購入しました。その後10年間この車を運転していましたが、ある日、あやまって車をぶつけて全損にしてしまいました。Aさんは保険に加入していたので保険金を請求しましたが、保険会社は新車購入時の200万円を支払ってくれるでしょうか?

答えは、「支払ってもらえません

10年間乗っていたことを考えた車の現在価値は、新車購入金額に対して低くなっているのが一般的です。

つまり、保険会社は、車の現在価値(車の残存価値)分しかAさんに保険金を支払いません。

賃貸住宅の経過年数の考え方

この経過年数の考え方は、賃貸住宅の敷金精算に関しても当てはまります。

たとえば、Aさんが入居中にクロスにキズをつけてしまったと仮定しましょう。この場合、Aさんはクロスの復旧費用100%を負担しなければならないのでしょうか?

答えは、「負担する必要ありません

なぜなら、経過年数の考え方は、クロスにも適用されるからです。つまり、Aさんが負担すべき範囲は、クロスの現在の価値(クロスの残存価値)分に限定されるということです。

●こちらの記事もおススメです経過年数の具体的な年数が知りたい!!

●こちらの記事もおススメです経過年数(耐用年数)の計算方法を詳しく解説!!

●こちらの記事もおススメですタバコのヤニ汚れに経過年数(耐用年数)は考慮されないのか?