不動産業界歴10年の行政書士が貴方の敷金返還請求をサポート。一般賃貸の敷金トラブルから店舗・事務所の保証金・原状回復トラブルまで全国対応致します。

善管注意義務とは?

善管注意義務とは?イメージ

善管注意義務とは、借主が民法400条を根拠として負っている義務のことです。

民法400条では『債権の目的が特定物の引渡しであるときは、債務者はその引渡しをするまで、善良な管理者の注意をもって、その物を保存しなければならない』と規定されています。

この規定は、建物の賃貸借にも適用されるため、借主は「社会通念上要求される程度の注意を払って賃借物を使用する義務=善管注意義務」を課されていることになります。

“社会通念上要求される程度の注意を払う”とは「自分が所有しているものを使用するときと同等に、賃借物を大切に使用する」ということです。

善管注意義務を守らない場合(善管注意義務違反)、借主に原状回復義務が生じることになるので注意が必要です。

POINT

※善管注意義務違反ってなに?:詳しくはこちら👉故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような損耗・毀損とは?

【相談無料】お気軽にご相談ください TEL 045-353-8523 【受付け】9:00 - 20:00(年中無休)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

成功事例

敷金返還ブログ

PAGETOP
Copyright © NEXT行政書士事務所 All Rights Reserved.