不動産業界歴10年の行政書士による敷金返還請求。一般賃貸の敷金トラブルから店舗・事務所の保証金・原状回復トラブルまで全国対応致します。

少額訴訟とは?

少額訴訟とは?イメージ

少額訴訟とは、比較的小規模な紛争について、争われている金額に見合った時間、労力、費用で効果的な解決を図ることが出来るように、手続きを出来るだけ簡易にして迅速な解決を可能とした、簡易裁判所の訴訟手続きのことをいいます。

少額訴訟の対象となるのは、60万円以下の金銭の支払いを請求する事件に限られますが、一部の高級居住用物件や店舗・事務所の賃貸借契約のような場合を除き、敷金を 60万円以上預けている場合は現実的ではなく、敷金返還訴訟をする場合、ほぼ少額訴訟で対応できます。

少額訴訟のメリット

  1. 原則的に 1回の口頭弁論期日で審理が完了し、その後ただちに判決が言い渡されることになりますので、迅速な解決が望めます。
  2. 判決に対して控訴することは出来ず、また、判決には必ず仮執行宣言が付けられますので、早期に終局的な解決が望めます。
  3. 弁護士、司法書士等専門家でない方が利用することが出来るよう訴訟手続きが工夫されているので、代理人をつけずに、自ら本人訴訟を行うことも可能です。

少額訴訟のデメリット

  1. 原則的には 1回の口頭弁論期日で審理が完了しますが、相手方から通常訴訟へ移行させる旨の、申述があると、1回の審理で完了しません。
  2. 簡易な手続きで本人訴訟が可能と言っても、何も知識がない場合、裁判所へ訴状の提出等で、何度か通わないといけない可能性があります。

●こちらの記事もおススメです意外とお手軽!!敷金返還に役立つ少額訴訟の流れや手続き【保存版】

●こちらの記事もおススメです自分で敷金返還訴訟(少額・通常訴訟)はできるのか?【不安に思っている方へ】

【相談無料】お気軽にご相談ください TEL 045-353-8523 【受付け】9:00 - 20:00(年中無休)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

成功事例

敷金返還ブログ

PAGETOP
Copyright © NEXT行政書士事務所 All Rights Reserved.